トップページ > 採用情報 > 先輩社員の声

RECRUIT 採用情報

先輩社員の声

西川 友也

2013入社

オフハウス深谷店

現在の仕事内容

家具、家電等の買い取り、生産、販売

出身校

中央情報経理専門学校
情報経理学科

仕事をするうえで心がけていること

僕が心がけているのは私的な感情を表に出さないことです。接客業という仕事柄、その時どんなに苦しい事、いやなことがあっても、一切お客さまの前では顔に出してはいけません。楽しいという感情は別ですが。もし自分がお客だった時のことを考えると、店員に今までに何があったかなんて関係ない事です。それで店員にいやな顔をされたら堪ったものではありません。場合によってはこの店、運営している会社の店には二度と来ないと考えるかもしれません。そうなっては大惨事です。ですので、相手のことを考えて、自分が今とるべき最良の行動とるためにも、いやな顔を一切出さないよういつも心がけています。

学生時代に一番力を入れたこと

僕は元々人と会ったり、話をしたりするのがすごく苦手でした。大学時代、社会人になってからの自分の将来を考えた時、このままではいけないなとふと思います。そんな中、友達の紹介もあり、ワークショップのボランティア活動に参加してみることにしました。僕が参加したワークショップは、その地域に住む老若男女さまざまな人たちが、自分たちの暮らす地域をいかに快適な場所にしていくかということを議論していくものでした。最初は緊張しましたが、慣れていくうちに積極的に自分から話かけるようになりました。そのおかげでさまざまな人と交流が持て、自分の経験値がさらに上がったように感じました。

初給料の使い道

企業に就職し、初めて給料をもらうときはほとんどの人が喜びを感じると思います。そして、その給料の使い道は人それぞれあると思います。友達と遊びに行ったり、自分へのご褒美だったりとあれこれ考えると思います。そんな中、僕は両親に食事を奢ることにしました。給料をもらったら両親のために何かをするというのは前々からの考えだったのですが、食事を奢るというのは先輩社員の話を聞いて思い立ちました。その話を聞いていた時、プレゼントも考えましたが、何を贈るのかあれこれ考えるのも大変だったのでそれはやめました。やはり初給料は自分が一番お世話になった人のために使うのが一番だと僕は考えています。

就活アドバイス

就職活動では、面接でなかなか結果がでなかったりといろいろあるあると思います。そんな時は先輩や就職活動を支援してくれる施設の方を遠慮しないでどんどん活用してください。内定が出なくて落ち込むようなことがあっても、そういった方々のアドバイスが非常に心の支えになります。また、内定が出なくても、就活はそういうものなんだといい意味で割り切ることも大切だと思います。そして次に活かせるよう自分なりにプチ反省会なんかもやるといいかもしれません。また、就職活動中はさまざまな立場の人と交流を持てる大切な期間です。どんどん積極的に企業まで足を運んでみてください。とにかく将来の自分が後悔しないためにも、頑張ってください。

学生にメッセージ

正直、社会人になってからはゆっくり遊べる時間はほとんどありません。友達と遊びに行ったりなどの時間は今しかないのでどんどん遊べるだけ遊んだほうがいいと思います。また、何か資格を取りたい、挑戦してみたいなど、自分が他にやりたいことなども社会人になってからはなかなか思うようにできません。自分好みの会社に就職できれば別だと思いますが、そういったことをするためにも時間を無駄にせず、有効に残りの時間を使ってほしいです。
一覧にもどる
ページトップへ
Copyright(c)NUMANIU corporation All Right Reserved.